( ^口^)<学資保険人気ランキング!戻り利率の比較をしたらこうなった!?


年収300万円時代、子どもの教育費はこうしなさい!―後悔しない、教育費の貯め方と使い方

子供の教育費は一体いくらかかるのでしょうか?

文部科学省の調べによると幼稚園から大学まですべて公立で行ったとしても
だいたい1,000万円はかかるそうです。とんでもない額です。

そこでみな考えるのが学資保険です。

定期預金と比べてこちらは保険なのでいやでも保険料を払わないと
いけないという形なので自分に弱い人でも教育資金がたまります。

それでは主な学資保険の比較をしてみましょう。
(条件としては父親が30歳で子供が0歳のときに加入、払い済みは18歳のとき。
明治安田は15歳の設定です。)

明治安田生命「明治安田の学資ほけん」、戻り率112.3

アフラック「夢みるこどもの学資保険」、戻り率111.3

ソニー生命「5年ごと利差配当付学資保険」、戻り率111.8

フコク生命「みらいのつばさS型」、戻り率109.4

定期預金でも利息が低いご時世にのきなみ110%を超える保険金はそうありません。

どちらかというと資産運用商品の意味合いが強いですね。
でも保険なので1粒で2度おいしいといった感じでしょうか?

アフラックを見てみると戻り率が111%を超えてますが、
これが10歳で払込が終わるという条件だと戻り率はもっと上がりますよ。



学資保険 人気 ランキング
学資保険 ソニー アフラック
学資保険 利率 比較
アフラック 学資保険 シュミレーション
アフラック 学資保険 評判
アフラック 学資保険 口コミ


posted by 生命保険の選び方、口コミ、おすすめ at | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安定株主を増やす
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。