アフラックに金融庁が検査!保険金の支払い漏れがクレームで見つかる!?


外資系生命保険のアフラックに金融庁が長期検査が入り保険業界に激震がありました。
このアフラックに入る検査官はかつて明治安田生命保険を業務停止にした人物なのだとか。
まさに検査の鬼ですが今回のアフラックの検査は異例だったといわれています。

具体例を挙げていきましょう。
前回の検査からわずか2年半しか経っていません。
普通は3年以上経ってからといわれています。

アフラックが騒然としたのは想像に難くありません。検査機関も異例です。
長くても3か月くらいなのが今回は5か月くらいかかりました。

この検査で一番の問題点は保険金の支払いです。
アフラックは支払い体制がずさんと指摘されています。
保険金が少ないと契約者からのクレームで調べた結果(これが外部発見)、
支払い漏れが246件ありました。これは他社の10倍にもなります。

支払い漏れなどの追加支払い件数
         外部発見 内部発見 合計
アフラック    223  395  618
メットライフアリコ 42  246  288
第一生命      27  482  509
日本生命      26  248  274
明治安田生命    20  319  339
朝日生命      15  38   53
住友生命       9  113  122
富国生命       7  317  324
大同生命       7  50   57
三井生命       5  54   59

この結果からも分かる通り外部発見がずば抜けています。
これはアフラックの経営姿勢を疑うものだととの指摘もあります。
我々も調べるくせをつけないといけませんね。

アフラック 金融庁 検査 アフラック 保険 評判
アフラック保険金請求 アフラック 保険 解約
週刊ダイヤモンド アフラック
posted by 生命保険の選び方、口コミ、おすすめ at | アフラック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安定株主を増やす
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。