ネット生保の保険料引き下げ合戦その2


既存の保険会社ももう黙っていられません。
ちらほら生保の中にも動き出しているところがあります。

こちらのオリックス生命がそうです。
5月くらいにネット専用商品である「ブリッジ」を出してきました。
こちらの商品は保険金額が1000万円や2000万円の場合では、
幅広い年齢層で一番安い保険料を提示しているのが特徴です。

このほかにも大手無認可共済から生保に衣替えしたアイリオ生命があります。
こちらはもともと対面を主力としていましたが、ネット生保販売の市場に参入、
楽天会員向けに低価格の医療保険を販売する予定です。

さて最後に2012年6月くらいにネット生保を立ち上げようとしているのが
SBIホールディングスです。もともとネクスティア生命に出資していましたが撤退。
しかし再びネット生保市場に参入するようです。
となると今までの最安値を更新し保険料引き下げ合戦の様相になる可能性が出てきます。

生命保険市場における、ネット生保の市場シェアは1%未満といわれています。
そうであったとしても自分にふさわしい保険を検索する場合、
ネットを使うのはもう常識となった今、ネット生保には追い風が吹いています。

とある専門家によると「ネット生保のシェアは
今後10%くらいまで増えるだろう」と予想しています。
ますますネット生保が活況を帯びてくれば大手生保もネットを使った販売に
踏み切るケースも出てくると思われます。

ネット生保の保険料比較(期間10年、保険金額1000万円、女性、月額)
    オリックス ネクスティア ライフネット 大手生保
30歳 900円  1190円  948円   2360円
40歳 1607円 1870円  1676円  3070円
50歳 2909円 3210円  3178円  4370円
posted by 生命保険の選び方、口コミ、おすすめ at | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安定株主を増やす
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。